保険相談で自分に合った保険選択|プロと一緒に保険チョイス

節税する方法

契約内容により、節税効果は異なる

保険の節税対策としては、損害、医療等どの様な保険であろうと、所得税の算出時に支払った保険料の中、決められた部分だけ控除が受けられるから、その分節税効果があるのは事実だが、節税対策として利用するのであるならば、相続税対策として取り組むのが最も効果的と言える。 節税対策として取り組むのであるなら、契約者名義に注意を要する。 節税対策としてより有効にする為には、保険契約者と被保険者を同じ名義にしておくことである。 受取人が同じ自分でも、保険契約者が自分になっていると、保険金は自分の所得に参入されるが、被相続人にしておくと、相続財産となって、相続時の優遇制度を利用出来る様になり、節税効果はより大きくなるからである。

保険の活用で遺産分割を円満に

相続税対策として、節税対策と円満な資産の継承を同時に実現して行くには、保険の利用が最適である。 相続時の遺産の継承には、分割協議書の作成等かなりの手間と期間が必要になって来るし、手続きが完了するまで被相続人名義の預貯金は引き出せない不便が生ずる。 ところが、金融資産を渡したい人を受取人にして被相続人が契約していると、この保険金は分割協議対象外となり、受け取る手続きも簡単で、1月以内に受け取ることが出来る。お金に名前をつけて残せると言われている所以である。 その上に、相続人一人当たり500万円の特別控除を受けられるから、節税対策としても有効になる。相続税の非課税枠を少しだけ上回る場合いは、保険契約にしておくことで、相続税を支払う必要がなくなる場合もあるから利用を薦める。

Copyright (c) 2015 保険相談で自分に合った保険選択|プロと一緒に保険チョイス all reserved.